2016年11月23日

佐鳴湖の鳥たち

みなさま、こんにちは。

今日、ウォーキング企画の取材で浜松市の佐鳴湖に行って来ました。
sanaruko.jpg
冬鳥のシーズンになり始めた佐鳴湖。
色々な鳥たちに出会うことができました。

全体の印象!!
人慣れしています!

例えば、オオバン。
遊歩道沿いの草地にやってきて、ウォーキングやランニングの人たちをものともせず、お食事に専心していました。
ohban.jpg

極めつけは、このアオサギ。
aosagi1.jpg

近づいたら逃げる。
と思って、慎重に、少しずつ近づいて写真を撮ろうと思ったのですが、近づいても飛ぶことなく、ゆっくりと歩いて移動していきます。
aosagi2.jpg

写真を撮ろうとしている「やまんじ」と、くだんの「アオサギ君」の間を、気が付かづに通り抜けようとしたウォーキング中の男性が、「うぉっ!」と驚いたのは、やまんじの存在ではなく、すぐわきに「アオサギ君」がいたことでした。
それでも、この「アオサギ君」ヒョコヒョコと歩いて移動。
「飛ぶのは面倒くさいですか?」と、問いかけたくなるほどでした。

そんな、身近な鳥たちの存在を、地元の人たちにとっては、当たり前のように見えます。
この「当たり前」感、どう捉えましょうかねぇ。

by やまんじ
posted by team森也。 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記