2015年09月27日

あららぎ湖周遊withユーティライトEWC

ユーティライトEWCを駆って、あららぎ湖の周回コースに行ってきました。

湖畔の駐車場に車を止め、反時計回りであららぎ湖周回コースに出発です。
kanban.jpg
地図上の赤字NO.は、写真の撮影ポイントです。

あららぎ湖を成り立たせている久々野防災ダムの堤体の上を進みます(写真1)。
01.JPG
 写真1・堤体の上

ダムの上からは、穂高連峰、笠ヶ岳など飛騨山脈が良く眺められます(写真2・今回は見えませんでしたが(^^;))。
02.JPG
  写真2

堤体上を後にして駐車場の対岸部にはいると、右手は湿原(写真3)。
03.JPG
 写真3
夏には、ハッチョウトンボも見られます。

さらに進むと、落葉広葉樹林やカラマツ・スギの人工林の中を進んでいきます(写真4・5・6)。
04.JPG
  写真4 ヤマザクラの紅葉

05.JPG
  写真5 ウダイカンバ等の落葉広葉樹林

06.JPG
  写真6 カラマツ・スギの人工林

水辺親水ゾーンには東屋もあり、眺めの良い場所でもあります。
東屋に行くには、未舗装の草地を通る必要がありますが、ユーティライトEWCなら大丈夫!(写真7)
07.JPG
  写真7 東屋へ

右岸側に戻ってきました。
ここには、人工ではありますが、広々とした湿原空間が広がっています(写真8)。
08.JPG
  写真8 湿原への道

湿原空間を通り抜けると(写真9)、もう駐車場。
09.JPG
  写真9 湿原の道

あららぎ湖一周の終了です。

今回のコースは、ほぼ全線舗装路ですので、気楽にまわることができます。
駐車場近くの高天原公園には、車いす対応のトイレもあります(写真10)。
10.JPG
  写真10 車いす対応トイレ
残念ながら、雪が降ると、主要地方道98号線が冬期通行止めになるため簡単にアクセスできなくなりますが、一度お試しあれ〜。

コースデータ
一周距離:約km
最大斜度:%
(今回、測定器具を忘れたため未計測です(^^;)。後日掲載予定です。)

by やまんじ
posted by team森也。 at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーティライトが行く
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164469897

この記事へのトラックバック