2015年10月12日

木曽川左岸・可児市

10月12日

ユーティライトEWCで、「木曽川左岸遊歩道in可児市」に挑戦しました。

この遊歩道は、可児市のみなさんが木曽川左岸の竹藪を整備してステキな空間へと作り上げていただいた場所です。
kannbann.jpg
今回は、土田側の入り口からチャレンジです。
syuppatu.jpg
堤防上は心地よく進めることができます。
03saisyonoteibou.jpg
堤防から下りる草道も難なくクリア。
04saisyononannkan.jpg
森林浴ならぬ竹林浴?を楽しみながら、木曽川の風景を楽しむことができます。
05tikurinne.jpg
07yonakiisiwomingara.jpg
路面は、比較的平坦な土道。
06konnnaromennhahettyara.jpg
でも、無動力の車いすでは、なかなか大変かなぁ。

途中水路を横断する場所では、下り登りがあります。
西からの登りは、石敷き段差があり、石を避けるとスリップ。
08kononoborihakitui.jpg
石を乗り越えようとすると、石にひっかかって、登れな〜い!!
09yapparihikakatta.jpg
この場所は、改良しないと(路面ないしは車いす)、チョット無理。

この場をクリアして、しばらく進むと、今渡側の入り口付近に至ります。
ここがまたネック。
敷石上の登りは、時々スリップして、進行方向の制御がアンコントローラブル(^^;)。
10konndohaisidataminonobaorimuri.jpg
ちょっと手を添えてもらって、登りをクリア。
石畳の二種の道をマッサージのような振動を楽しみつつ(?)折り返して復路へ。
11ohshinrinyoku.jpg11ohshinrinyoku.jpg
まむし注意の看板が各所に見られますが、車いすに乗っていれば大丈夫!かな?
12mamusihaok.jpg

復路もまた、先ほどクリアできなかった石段で、下りも苦戦。
13yapparikibisii.jpg
まあ、何とかごまかして、往路は下りだった堤防への採石敷きの道や草生えの道を、登りで挑戦。
14suberanakereba.jpg
スリップさえしなければ、ある程度の登りは大丈夫!という実感を得て、出発地点まで帰ってきました。

部分的に難しい点のクリア手法を検討してゆかねば・・と決意を新たにする実験でした。

by やまんじ

posted by team森也。 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーティライトが行く
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165577811

この記事へのトラックバック