2016年11月23日

佐鳴湖の鳥たち

みなさま、こんにちは。

今日、ウォーキング企画の取材で浜松市の佐鳴湖に行って来ました。
sanaruko.jpg
冬鳥のシーズンになり始めた佐鳴湖。
色々な鳥たちに出会うことができました。

全体の印象!!
人慣れしています!

例えば、オオバン。
遊歩道沿いの草地にやってきて、ウォーキングやランニングの人たちをものともせず、お食事に専心していました。
ohban.jpg

極めつけは、このアオサギ。
aosagi1.jpg

近づいたら逃げる。
と思って、慎重に、少しずつ近づいて写真を撮ろうと思ったのですが、近づいても飛ぶことなく、ゆっくりと歩いて移動していきます。
aosagi2.jpg

写真を撮ろうとしている「やまんじ」と、くだんの「アオサギ君」の間を、気が付かづに通り抜けようとしたウォーキング中の男性が、「うぉっ!」と驚いたのは、やまんじの存在ではなく、すぐわきに「アオサギ君」がいたことでした。
それでも、この「アオサギ君」ヒョコヒョコと歩いて移動。
「飛ぶのは面倒くさいですか?」と、問いかけたくなるほどでした。

そんな、身近な鳥たちの存在を、地元の人たちにとっては、当たり前のように見えます。
この「当たり前」感、どう捉えましょうかねぇ。

by やまんじ
posted by team森也。 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月11日

武儀東小学校で野鳥観察

みなさま、こんにちは。

武儀東小学校の3年生の授業のお手伝いに行ってきました。
授業の内容は「野鳥観察」

まずは教室で、双眼鏡の使い方などをレクチャーした後、いざ現場へ!

直前まで雨が降っており、授業そのものの延期も懸念されたのですが、現場に出たときは晴れ!
雨上がりのせいか、鳥たちも元気なようです。

ヒヨドリやモズ、ハシボソガラス、キジバト身近な鳥が中心ですが、双眼鏡や望遠鏡を使ってのぞくと「わ〜っ、すごい!」と歓声が上がります。
20161111武儀東小学校.jpg
野鳥を観察するの図

空飛ぶトビを追っかけていると、裏山の稜線からオオタカが飛び出してきてトビにケンカを売る姿なども観察でき、子供たちも飽きずに楽しく授業を終えることができました。

みなさん、お疲れさまでした。
ご協力(?)いただいた野鳥の皆さん、ありがとうございました。

by やまんじ
posted by team森也。 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

創企舎ソフィ企画「四季を楽しむウォーキング」

みなさま、こんにちは。

去る11月10日(木)創企舎ソフィさんの企画「四季を楽しむウォーキング」の受講生の皆さんをエスコートして、美濃市に秋を楽しみに行ってきました。

午前中は、大矢田神社のモミジをめでに訪れました。
一週前の下見の時には、ほとんど紅葉していなくて、本番はどうなるかと心配していたのですが、この1週間、比較的寒い日が続いたおかげで、かなり紅葉が進み、それなりに満足していただける状態になっていました。
20161110大矢田.jpg

境内でお弁当をいただいた後、バスに乗って「美濃橋」へ

この「美濃橋」大正5年架橋のつり橋で、現存する近代つり橋としては最古なのだそうです。
国指定の重要文化財と、ものの本には書かれています。
ところが、現地には「重文」の「ジュの字」も書かれていないんです。なんででしょうねぇ?
20161110美濃橋.jpg

「吊り橋怖〜い」という声も一部にありましたが、ほとんど揺れないしっかりした橋なので、チョッと拍子抜け(^^;。
橋を渡った後は、世界灌漑施設遺産「曽代用水」や「川湊灯台」「岩陰遺跡」「湊町の街並み」などを観ながら、道の駅「美濃にわか茶屋」へ。
道の駅でのショッピングを楽しんでいただいたのち、名古屋へと帰りました。

ご参加いただいたみなさま、お楽しみいただけましたか?
お疲れ様&ありがとうございました。

by やまんじ
posted by team森也。 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

またまた百々ヶ峰!

みなさま、こんにちは。

今年は、百々ヶ峰と深いご縁があるようで、今回もまた登らせていただきました。

今回は、長柄西体育振興会の皆さんをエスコートしての登山です。
20161106百々ヶ峰.jpg

参加していただいた子どもたちを中心に自然の面白さ楽しさをお伝えできるよう頑張ってみました。

みなさん、面白かった?

by やまんじ
posted by team森也。 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月28日

日展・特選!

わが法人の理事も務めていただいている漆芸家・浅井啓介氏が今年の日展で特選を受賞したようです(2回目の特選受賞です)。
やったぁ! おめでとうございます!!
お祝いしなきゃ・・いずれね(^^;

asai!.jpg
浅井先生喜ぶ(?)の図
posted by team森也。 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月27日

行ってきました。須賀利!

みなさんこんにちは。

10月26日(木)創企舎ソフィ新企画「懐かしい里山の風景を訪ねて」の第2弾!の参加者の皆様をエスコートして、で、尾鷲市の須賀利に行ってきました。

紀勢道の延伸でとっても近くなった感のある尾鷲。
その尾鷲の中でも、北端の半島にある須賀利集落。かつては、道路事情が良くなく、尾鷲からは巡行船が主な交通手段だったという街です。
映画「千年の愉楽」のロケ地になったことでも有名です。

sugari8.jpg

ばっちりの快晴の下、到着は、ほぼお昼。早速お昼ごはんタイムです。
地元観光協会の方にご案内いただき高台の民家へ。

konnabasyo.jpg
昼食会場

konnnakesiki.jpg
昼食会場からの眺め

この民家、NHKのドラマ「喧騒の街、静かな海」で主人公役のディーンフジオカと寺尾聡の実家としてロケに使われたそうです。
須賀利の集落と海の眺めが抜群です。

昼食は、地元の活動団体「おんばんの会」のおばさまたちが用意してくださったものです。

gohan.jpg
これに、お刺身とカニ汁、ご飯が付きました。

特に「いがみ(ブダイ)」の煮魚はとってもおいしかったです。

また、おんばんの会の代表、世古さんのお話や歌も聞くことができ、とても楽しい昼食でした。

sekosann.jpg
おんばんの会代表の世古さん

昼食後は、須賀利の集落内や海辺をのんびり歩きました。

aruku.jpg

山と海、そして人の暮らしが織りなす素敵な風景を満喫する旅でした。

ご参加いただいたみなさま、須賀利のみなさま、ありがとうございました!

by やまんじ

posted by team森也。 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月19日

養老小学校に行ってきました

みなさま、こんにちは。

先日、養老小学校に行ってきました。
5年生2クラスを対象に「山、森、水そして人」といった話をしてきました。

yoro201610.jpg

yoro2016102.jpg

なかなか、ノリの良い子どもたちで、とっても話しやすかったです。
11月にも、もう1度行かせていただきます。
とっても楽しみです。

byやまんじ
posted by team森也。 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月14日

創企舎ソフィ企画「季節を楽しむウォーキング」

みなさま、こんにちは。
毎月恒例のやまんじ隊長がエスコートする創企舎ソフィ企画「季節を楽しむウォーキング
今回は、「奥山愛宕神社と青山高原三角点」に行ってきました。

天気予報は晴れ!
でも、これから向かう西の空はどんより・・・。
そんなはずはない!この企画では雨は降らん!・・はず。

青山高原ふるさと高原第1駐車場にバスを停めて、いざ奥山愛宕神社へ
まずは巨大な発電用風車がお出迎え。
husyamae.jpg
尾根道を歩いてゆくとブナの森へと入っていきます。
なんと!
ほとんどのブナの木に「カシノナガキクイムシ」が侵入したと思われる痕跡があるではありませんか!!
kasinaga.jpg
どうなっちゃうんだろう、このブナ林と心配しつつも「先生!このキノコ食べれる!?(あえてラ抜き言葉、名古屋人ですから)の声に、我に返ります。
お〜っ!うまそうなキノコ。
tukiyotake.jpg
でも、毒ですからね。ツキヨタケ。
「じゃぁ、これは!?」
それもツキヨタケっ!

そんなやり取りをしつつ、あっという間に奥山愛宕神社に到着!
zinzya.jpg

参拝を済ませた後は、風車を見ながらのお弁当です。
bento.jpg
ねっ、晴れたでしょ!(^^)!

おなかがふくれた後は、来た道を戻って、青山高原三角点へ。

先行していた参加者から{きゃ〜、キツネ! かわいいっ!!」の声。ここでは、キツネ君がお出迎え。
ええっ???
あれあれ、本当にキツネだ。
まるで、キツネにつままれたような・・(^^;。
kitune.jpg
「お昼のお弁当いなり寿司だったからじゃない?」
なんていう言葉が飛び交う中、悠々としているキツネ君。
なんて緊張感がないんだろう。
我々に様々なポーズをとって被写体となってくれたあと、ゆうゆうと去っていきました。

感動の余韻に浸りながら?、青山高原ふるさと公園の散策道を歩き、無事バスに拾ってもらって帰ってきました。
それにしても、青山高原って、風車多いねぇ。
husyagunn.jpg
ご参加いただいたみなさま、お疲れ様&ありがとうございました。

byやまんじ
posted by team森也。 at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月11日

行ってきました。山之村!

みなさん、こんにちは。

去る、9月29日(木)(ほうこくおそっ!(^^;)、創企舎ソフィ新企画「懐かしい里山の風景を訪ねて」の記念すべき第1弾!で、飛騨市の山之村に行ってきました。

名古屋からバスで4時間! はるばる訪れた山之村は秋風吹くさわやかな天気でした(ほんのちょっと小雨が降りましたが・・)!。なんせ台風直撃かも。なんていう情勢でしたので、催行出来たことがすでに素晴らしい!という状況でした。

山之村20160929.jpg

「夕顔の駅」で、2種の蕎麦(普通の蕎麦と韃靼そば)を味わった後、いざ山之村散策へ!
クリやクルミ、トチの実などを拾いながら、秋の山村をたっぷりと楽しんでいただきました。

恒例のお買い物タイムは、往路の「道の駅・飛騨古川いぶし」(ちょうど他にお客さんがいなくて独占状態)と山之村牧場で、いっぱいお買い上げをいただき、地域経済に貢献していただきました!(^^)!。

往路のバスの中では、やまんじ隊長が「里山とは何ぞや」だの「森に支えられてきた山村文化」だの、カルチャーセンターらしい(?)時間を提供させていただきました。
復路のバスの中はzzzz・・。

参加者の皆様のおかげで、第1回のツアーを無事終了させていただきました。

この講座、次回は10月27日(木)です。
行き先は、日本の里100選にも選ばれている、尾鷲市須賀利です。
sugari8.jpg

楽しい時間にしたいと考えております。
皆様是非ご参加くださいな。
お問い合わせは創企舎ソフィまで
by やまんじ
posted by team森也。 at 11:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月28日

蜂屋小学校に行ってきました

みなさん、こんにちは。

昨日は、蜂屋小学校(美濃加茂市)の1年生生活科の授業のお手伝いに行ってきました。

今回は、「虫と、なかよくなろう」です。
学校の裏庭で、いろんな虫を捕まえて、観察しよう!という授業です。
20160927hachiya.jpg
バッタ類やコオロギ類を中心にダンゴムシやらカナヘビ、アマガエル等々、かつては「虫」と呼ばれたものまで追っかけ回しました。

途中で、マムシやヤマカガシも現れ、「楽しい」「びっくり」「怖~い」の大騒ぎでした。
この授業で、結構いろんなことに興味を増やしてもらえたんじゃないかなぁ。
と、自画自賛のやまんじ隊長でした。

by やまんじ
posted by team森也。 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月11日

チングルマin乗鞍

初秋のチングルマに会いたくて、乗鞍に行ってきました。
なぜ乗鞍かって?
野暮なことを聞きなさんな。バスで楽に行けるからです。エッヘン!

そうは言いながらも、畳平駐車場のすぐ下のお花畑でだけじゃなくて、剣ヶ峰の山頂まで行ってきましたよ!
乗鞍からの展望.jpg
山頂付近からの展望

norikura三角点.jpg
山頂まで行った証拠の「三角点の写真」

ちゃんと目標のチングルマにも会ってきました!
花もすてきなんですけど、花の後の風情がたまらないですよねぇ。
でも、ちょっと遅かったかな?
チングルマ.jpg
お花畑のチングルマ

いずれにしても、なんとも心地よい乗鞍行でした。

by やまんじ
posted by team森也。 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

創企舎ソフィ企画「季節を楽しむウォーキング」

みなさま、こんにちは。
毎月恒例のやまんじ隊長がエスコートする創企舎ソフィ企画「季節を楽しむウォーキング」
今回は、「中山道今須宿から柏原宿」と題して中山道を歩いてきました。

台風13号が通過する中、今回はどうなるか!!
思い悩む中、2時間遅れで地下鉄本郷駅前を出発。
休憩地養老SAでバスに乗ると豪雨&雷!
ひえ〜っ、今日はどうなるんだろう???
ところが! その直後、今須宿に到着すると、ほぼ雨がやみ、その後もほとんど雨に降られることなく歩くことができました。

柏原宿歴史観では、見学をさせていただくとともに座敷でお弁当を使わせていただきました。
お土産は、柏原宿名物「伊吹艾(いぶきもぐさ)」。
伊吹艾.jpg
今は、亀屋左京商店1件のみで作っているそうですが。お灸を使ったことがないやまんじは、これを買ってどうするんだろうと思いつつ、衝動買い(?)(^^;

昼食後は、歴代京極佐々木氏の墓所となっている徳源院・清滝寺まで歩き、境内を見学させていただきました。
20160908げん.jpg

最初に悩んだことが嘘のように、とても心地よいウォーキングとなりました!!

ご参加いただいたみなさま、お疲れ様&ありがとうございました。

by やまんじ
posted by team森也。 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月05日

白川町山の日のつどい

今日は、白川町笹平高原で開催されている「白川町山の日のつどい」のお手伝いに来ています。
白川町が災害時協定を結んでいる、笠松朝町との交流イベントでもあります。
白川町森林組合の若きエースたちのご協力を得て、クラフト材料の収集を兼ねた森林散策や木の伐採デモ、木(マグロではありません(^^;)の解体ショー、ヒノキ升を使ったオリジナルクラフト等を楽しんでいただいております。
むちゃくちゃ暑くはなく、標高がさして高くはないのですが、爽やかな高原の夏を満喫いただけるかな?
20160805_112204.jpg20160805_130303.jpg20160805_132757.jpg
posted by team森也。 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月02日

けっこうにぎやかな我が家

みなさん、こんにちは。
近ごろ、我が家では、コオロギが鳴き競っています。でも、あまり美しい鳴き声では・・(^^;
その名も「フタホシコオロギ(南西諸島から東南アジアに分布)」見にくい写真で恐縮です。
何で、そんなヤツを飼っているかって?
カメレたまちゃんのご飯なんです。
カメレたまちゃんは、まったく静かなんですけどねぇ。
20160729_064334-1.jpg
posted by team森也。 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月27日

ホタルが観られます

みなさん、こんにちは。
今日、下呂市萩原町にある日帰り温泉施設「しみずの湯」に行ったついでに、周辺を回ってみました。
ねらいは「ゲンジボタル」
群舞というほどではありませんが、けっこう観られました!(写真はいまいちですが(^^;))
hotaru2.jpg
しみずの湯裏の全国植樹祭式典会場跡を流れる「深谷」が一番観やすいように思います。
まずは、情報提供でした。
by やまんじ
posted by team森也。 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月19日

行ってきました「五の池小屋応援(?)登山」

みなさま、こんにちは。

先の行事案内でもご報告した「御嶽五の池小屋応援登山」に行ってきました。

梅雨の最中にもかかわらず、登山日は晴れ!
登山道には、コイワカガミやキバナシャクナゲなどがいっぱい咲いていました。

1コイワカガミ.jpg
コイワカガミ

2キバナシャクナゲ.jpg
キバナシャクナゲ

まずは、五の池小屋に昼ちょっと過ぎに到着。
昼食&生・・・をお腹に収めて散策へ。

今回は、まだあまりメジャーではない継子岳と四の池周辺を散策しました。

3mamakokara.jpg
継子岳から見た剣が峰

四の池は、しっかりと池状にはなっておらず。雪解け時期や降雨後に長野県側へと水が流れ落ちており、その落ち口は、時に滝となって流れていきます。

4maborosifoal.jpg
「幻の大滝」
高いところがけっこう怖いので、そ〜っとのぞいて撮りました。

四の池周辺は、ステキなお花畑が広がっています。今回もハクサンイチゲやコマクサのつぼみなどを観察することができました。

5ハクサンイチゲ.jpg
ハクサンイチゲ

夕方、五の池小屋に戻り早速夕食です。
夕食後は、五の池小屋自慢の「薪オーブンピザ」をつまみながらワインをかたむけ、御嶽の自然談義に花を咲かせました。

さて、翌日。

雲に覆われた空の一角からご来光を見ることができました(ということは、ちゃんと起きたっていうことです(^^;))。

6goraikou.jpg
ご来光

木曽山脈(中央アルプス)、赤石山脈(南アルプス)もくっきりと見え、遠くうっすらと富士山も見ることができました。

当日、午後から雨の予報だったので、朝食後早々に下山となりました。

下りも、ゆったりと歩き、登りに気づかなかった花々や鳥の声を堪能しながらの楽しい下山でした。

今回の山行、「五の池小屋応援登山」と銘打ちながら、すっかり小屋のみなさんにお世話になってしまい、こちらが元気をもらって帰ってくることになってしまいました。

7koyanomae.jpg
市川さん(写真左端)をはじめ、小屋のスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

五の池小屋、とってもステキですよ。
みなさんも是非どうぞ!!

by やまんじ
posted by team森也。 at 15:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月14日

ふるさとに行ってきました

みなさま、こんにちは。

先日、私のふるさと「名古屋の矢田」に行ってきました。

下呂市が準備をしているプロジェクトの関係で、名城大学ナゴヤドーム前キャンパスの社会連携ゾーンShakeで、「森と流域を知るためのプレ企画」のレクチャーを担当させていただきました。
このキャンパスのすぐ北にある矢田小学校は我が母校です。
子どもの頃のまちの面影とうつりゆくまちの風景を堪能させていただきながら、名城大学の学生のみなさんに「森のお話」をさせていただきました。
DSCF7495.jpg
話の内容が、学生諸君にどう響いたかはさておき(^^;)、やまんじは勝手にステキな時間を過ごさせていただくことができました。

機会をつくっていただいたみなさま、ありがとうございました!!

なお、プロジェクトの詳細は、もう少し先にお知らせさせていただきますね!!!

まずは

by やまんじ
posted by team森也。 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月06日

あいち生協・やまんじ隊長シリーズin面ノ木

みなさま、こんんちは。

去る6月5日、あいち生協のやまんじ隊長シリーズでバードウォッチングを開催いたしました。
場所は、愛知県豊田市の面ノ木園地です。
面ノ木には「ブナの原生林」などがあり、BWにはとても良いポイントです。

今回のバードウォッチング、無謀にも(BWでは、当たり前だと思いますが・・)集合時間が朝4時!
あいち生協のスタッフのみなさんにも「大丈夫かぁ?」と、ご心配をいただいたようです。
さらに、当日の天気予報は雨!!!

チョット心配でしたが、3組のお客様が参加していただけました。

天候は、しっかり雨でしたが、この時期、よっぽどの荒天でない限り「鳴く」衝動を抑えられない雄の鳥たちが、しっかり鳴いてました。

また、目立ちたがりなのか、オオルリの雄が近くまで飛んできてくれて(目立ちたがりと言うよりは、オレの縄張りに、うさんくさいヤツがいるぞ。てな感じアピールしにきたのかも・・)さえずるのを観察できましたし、ご参加いただいたみなさまにもそれなりにご満足いただけたのではないでしょうか。
囀るオオルリ.jpg
この写真は当日のものではありません(^^;)が、当日も、この程度以上には観ることができました!

「早速、双眼鏡を買うぞ!」てな声も聞かれ、「やった」とやまんじも密かにほくそ笑んだのでありました(双眼鏡を高く売りつけてやろう。なんて考えてませんからね・・・)。

ご参加いただいたみなさま、あいち生協のみなさま、そして面ノ木の野鳥のみなさん。
大変お世話になりました! ありがとうございました!!

by やまんじ
posted by team森也。 at 09:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月14日

創企舎ソフィ企画「季節を楽しむウォーキング」・福岡ローマン渓谷

みなさま、こんにちは。

去る5月12日、恒例の創企舎ソフィ企画「季節を楽しむウォーキング」のみなさんをエスコートして、中津川市福岡町のローマン渓谷に行ってきました。

チーム・ソフィウォーカーズの面々の日頃の行いがよいので(?)、今回も晴れ!
今回の企画は、北恵那鉄道の廃線跡を利用した遊歩道「福岡ローマン渓谷」を歩くです。

まずは、日本三大庚申の一つ「下野庚申堂」に詣でました。
境内のヒトツバタゴも満開で、手にとって見られる場所にも花があり堪能できました。
下野庚申堂.jpg

庚申堂を起点に、付知川縁まで歩を進め、川沿いの鉄道跡を歩いていきます。
ルート沿いにもヒトツバタゴがたくさんあり、まぶしい陽光の中真っ白に輝いています。
写真には鉄道鉄橋も写っていますが、ルート上には枕木や犬釘も所々残っており、かつて鉄道だったことを偲ばせてくれます。
鉄橋.jpg

鉄道跡のウォーキングルートは、鉄道の性質上勾配も緩く、のんびりと歩くことができます。

付知川沿いの新緑を楽しみながら、晩春から初夏へと移りゆく景色をゆったりと楽しみました。
福岡大橋.jpg
福岡大橋

お昼は、道の駅加子母・ゆうらく館のお弁当を出前していただき、日陰を選んで(^^;)いただきました。

このルート、「初めて歩いた!」という方がほとんどで、メンバーのみなさまに新鮮な気分で楽しんでいただけたのではないでしょうか(知られていないということを喜んでいいのか?といささか悩みながら・・・)。

この企画、次回は、美濃市の長良川沿い「郡上街道・白山参詣を偲ぶ−立花六角堂、須原神社を巡る−」
みなさんも参加してみませんか?

ご参加いただいたみなさま、お疲れ様でした&ありがとうございました。

by やまんじ
posted by team森也。 at 12:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月02日

藤の咲く森

みなさま、こんにちは。

連休いかがお過ごしですか?
今日は、お仕事の方もおられることでしょうが・・。

さて、我が下呂でも、フジの花が咲き始めました。
近年、山に咲くフジたちが目につくようになりましたね。
年中ほぼ同じ姿(実は子細に見れば季節ごとに変化しているのですが・・)の人工林も、この季節フジに彩られているところが多々見られますね。
20160502_055224.jpg
季節感、見た目からいえば、好ましいようにも思えるのですが、これって、様々な問題の表徴ですよね。

特に、人工林は、木材を育てるという本来まず大切にしてきた視点からすれば、ツルが幹に絡まるということは、阻害要因以外の何者でもありません。まあ、ツルが絡まることによってぼこぼこになった幹をデザインとして珍重するのであれば別ですが・・。
つまり、人工林管理のエネルギーが低下した結果が「フジの花盛り」な人工林でしょう。

また、天然生2次林(思い切って「雑木林」と表現しちゃいましょうか・・)でも、かつては、ツルを採取して生活道具として使っていたのでしょうから、ここまで野山にフジがはびこる(チョット負な表現ですが)ことはなかったのではないでしょうか?

もろもろ考えると、お気楽に「フジの花きれいだなぁ」なんて言ってて良いかなぁ?なんて思うわけです。

えいやっと思考をかえて、「癒しの景観づくり」と称して、フジをはじめとした花や紅葉が楽しめるツル植物を身近な森に置いておくのも、現代的な意味での「里山づくり」と位置づけることもできるとは思いますが・・。

フジの花を愛でながら、花に集まるクマバチの「ブ〜ン」という羽音に眠りを誘われながら、思い悩む春の一日です。

by やまんじ
posted by team森也。 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記