2009年04月12日

りぶらサポータークラブ

090411LSC.jpg

 愛知県岡崎市に、昨年11月、図書館を含む新しい複合施設が開館したのをご存じでしょうか?
 施設の名称は「岡崎市図書館交流プラザ」といい、愛称は「りぶら」といいます。
 りぶらをとりまく市民参加の状況としては、平成16年度から市民検討ワークショップが始まり、「どんな施設がいいのか?」「設備は?」「運営は?」など、出来る限り利用者である市民のみなさんの意見を取り入れながら、ようやく平成20年に開館しました。
 このりぶらで「市民自身の手で施設を盛り上げよう!」と活動しているのが、りぶらサポータークラブです。りぶらサポータークラブには、施設を、ひいては岡崎市を盛り上げていくため、複数の「プロジェクト」が存在し、各プロジェクトでは施設を活用した様々な活動を行っています。
 昨日11日は、今年度のサポータークラブのプロジェクトを紹介する集会を実施しました。
 こうしたイベントの運営には不慣れなメンバーが多い中、それでも「りぶらに対する熱意は誰にも負けない」という思いが参加者にも伝わり、後半のグループワークでは熱い議論が交わされていました。
 以前にも書きましたが、やっぱりまちづくりを支えるのは、そこにいるみなさんの熱い思いですね!
byのじ
posted by team森也。 at 15:52| Comment(2) | TrackBack(0) | まちづくり

2009年03月30日

とよあけまち育て塾

toyoake.jpg

 3月29日、豊明市で開催された「とよあけ まち育て塾」に行ってきました。
 この「まち育て塾」は、豊明市でいろいろな活動をしている、あるいは活動したい市民のみなさんを対象に、まちづくりについて学び合うことを目的に開催してきました。主催は「とよあけの熱いまちづくりを応援する!豊明市役所市民協働課」、企画運営は「ワクワクまち育てをコーディネイトするNPO まちの縁側育くみ隊」(このキャッチフレーズは重要!)で、私はNPOのお手伝い要員としての参加です。
※ 詳しくは↓
http://www.city.toyoake.lg.jp/siminkyodo/npo/kyodo/machijyuku.htm
 「熱い」市役所担当者たちの支えもあり、非常に盛り上がったまち育て塾でしたが、残念ながら今回で最後です。塾の最後には、来年度から異動になってしまう担当者に向けて「特別修了証」が手渡され、また「ジ〜ンとくる」担当者からの結びのあいさつがあるなど、「ああ、ここにいて良かったな」と思える時間を過ごすことができました。
 いろんな場所でいろんなまちづくりに関わっていますが、やっぱり「これだ!」と思うのは、みなさんの熱い想い!ですね。
by のじ
posted by team森也。 at 19:30| Comment(1) | TrackBack(0) | まちづくり