2017年05月22日

TV  TVに映ります! のはず・・(^^;

みなさま、こんにちは。

先日、ぎふチャンに取材していただきました。
取材風景20170515.jpg

5月25日(木)18:15〜放映される、ぎふチャンのStation!という番組の飛騨國テレビのコーナーで紹介される予定です。
内容は、南ひだ健康道場での講座「森でリラックス」です。

どんなふうに映っていますやら。

観てね〜

byやまんじ
posted by team森也。 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年09月19日

「常盤文庫」準備式

森のなりわい研究所の理事でもある 岐阜の川人文化研究会 長尾伴文さんが深く関わり、馬瀬に『常磐文庫』が開設されます。

9月27日(日)には、その『常磐文庫 準備式』が開催され、さまざまな催しが行われます。

tokiwabunko.jpg

常磐文庫には非常に貴重な資料が所蔵されるとのこと。川文化に興味のある方(もちろんない方も!)、ぜひこの機会に足をお運びください。

そして10月17日(土)には、第2回 岐阜県焼き鮎味比べ交流会も開催されます。
こちらも楽しみな企画です!

ayukurabe2.jpg

常盤文庫とは?

伊豆の出稼ぎ釣り師と伝説の釣り師「山下福太郎」の人生を世に初めて発表した神奈川県小田原市の(故)常盤茂雄さんが残した書籍群、写真、山下福太郎が釣った巨大鮎(ホルマリン漬け)などは非常に価値が高く、
常盤家の意志によりその常盤コレクションの大半を下呂市に寄贈されることを受け、「常盤文庫」を作り日本の釣り文化遺産として有効に活用していくものです。
常盤さんは特に馬瀬村をこよなく愛し、飛騨萩原に住み込みながら河川文化調査を行われました。
posted by team森也。 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年09月16日

森なり in 東京都美術館

東京都美術館で開催中の『キュッパのびじゅつかん』
絵本『キュッパのはくぶつかん』を題材にした展覧会ですが、この展覧会には岐阜県から木材を提供しています。

DSCN2338_R.JPG

その関係で、のじ副隊長もやまんじ隊長のピンチヒッターで体験ワークショップを受け持つことになりました(かなり急遽)。
告知期間がないし、どうやって人を集めるか、友人に来てもらおう、県人会に呼びかけよう、当日“呼び込み”を頑張らなければ、と担当者(ちなみに彼は大学の後輩で、学生時代は“破壊王”の異名を取ったあの方です!)と話していたのですが、昨夕から募集開始となったところ、1日だけで定員の半分近くが埋まったようです。東京都美術館、さすがです!
参加者の期待を裏切らないように頑張ってきます。
体験ワークとセットで担当学芸員による展示解説もあるので、興味のある方はぜひご参加ください。
http://kubbe.tobikan.jp/program09.html

by のじ
posted by team森也。 at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ

2009年12月03日

山村再生GEROオペレーション

森のなりわい研究所では本年度、林野庁・(社)日本森林技術協会の支援を受け、『山村再生プラン助成事業』として山村再生GEROオペレーションを実施しています。

ただ今、オペレーションへの参加者を募集しています。

事業内容は…

オペレーション その1
森林ボランティアのための
『Weekend(週末)フォレスター養成講座』

オペレーション その2
森林オーナーのための『セルフ林業講座』

オペレーション その3
『放置林撲滅キャンペーン』

オペレーション その4
火のあるくらしの体験会と『火の木狩りツアー』

詳しくはこちら
posted by team森也。 at 19:04| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ

2009年03月31日

月刊森也。更新しました

お待たせしました。月刊森也。3月号、本日(3/31!)更新です。

月刊森也。vol.3 Side-A PDF(2.61MB)
月刊森也。vol.3 Side-B PDF(1.43MB)
 ※ Side-Bは月間「海也(うみなり)」創刊予告です!

バックナンバー

さあ、4月号の発行はどうなるか!?
posted by team森也。 at 23:08| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ