2016年12月12日

トッペラ

トベラ.jpg

みなさん、こんにちは。

この文章を書いている12月12日。この冬一番の寒さです。
この季節になると、本拠地である下呂市北部にいるより「太平洋側の低地がいいなぁ」と思うことがよくあります。だって、晴天率が高いし、天は広いし・・・。
風は冷たいですけど、わが下呂も「益田風」という冬の地域風が吹きまくるので、「伊吹颪」もまあ許せますしね。
さて、南飛騨にいるとなかなかお目にかかれない常緑広葉樹たち、これに出会えるのも太平洋側低地なればこそですよね。その中でも、この季節印象深い種が「トッペラ」です。
標準和名はトベラ。
初冬に写真のような実を着け、とっても目立ちます。
私の父方は豊橋、母方は蒲郡です。子どものころ、それぞれの故郷に行くと海岸近くに必ずこのトッペラが生えていたように思います。
夏は、アオスジアゲハがたかり、冬は、はじけた赤い実が実る。子どものころの記憶に鮮明に刷り込まれています。
楽しかった子ども時代(今楽しくないわけではありません!(^^;)の良い思い出として残っているのです。

「豊橋や蒲郡じゃ岐阜の生きものじゃねぇじゃん(じゃん、だら、りん、も三河だね)。」なんて言わないでね。岐阜県にも自生しているはずですから・・。
ちなみに、写真は岐阜大学に植栽されているものですが(^^;

パッカリわれたカラから零れ落ちそうな赤い実。
冬晴れに映える、この赤い実。いいなぁ(あくまでも、個人の感想です(^^;)。

byやまんじ
posted by team森也。 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 岐阜の生きものたち

創企舎ソフィ企画「四季を楽しむウォーキング」in佐鳴湖

みなさん、こんにちは。

去る12月8日、創企舎ソフィ企画「四季を楽しむウォーキング」の受講者の皆さんをエスコートして、浜松市の佐鳴湖に行ってきました。

この企画、不思議と雨に会わないのですが、この日も快晴。
富士山もばっちり見えました。
sanarufuzi.jpg

佐鳴湖は、過去、たびたび日本一に輝いているんですね。
それも、水質の悪さで…。
近年では、水質浄化に向けてのさまざまな取り組みを行っているようです。

zyouka.jpg
浄化システムの上でバードウォッチングの図

また、ウォーキングやランニングのコースとしても活用されており、頻繁に人と接するせいか、佐鳴湖の水鳥たちは、かなり人慣れしているようです。

nigenai.jpg
どこまで近づけるかお試し中
写真のケースも、オオバンが先導して、ヒドリガモやマガモたちが陸に上がってエサをついばんでいるところを観察している様子です。
そーっと近づけば、15メートルくらいには近づけるようです。

そんなこんなで、バードウオッチングの入門編を開催するには、とても良い場所でした。

ただ難点が一つ。
この講座、大型バスで移動しますが、佐鳴湖周辺に大型バスを停めるスペースがないということです。
バスの運転手さんに種々ご苦労いただいて、私どもは快適に過ごすことができました。

運転手さん、ご参加いただいたみなさま、お疲れさま&ありがとうございました。

byやまんじ
posted by team森也。 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月05日

行ってきました・近江八幡・円山水郷巡り

みなさま、こんにちは。

創企舎ソフィ企画「懐かしい里山の風景を訪ねて」第三弾
暮らしの景観としての「琵琶湖のヨシ原」を訪ねて、近江八幡に行ってきました。
ヨシ原.jpg
ヨシ原の風景

まずは、八幡の中心「八幡掘」付近を散策です。
八幡堀.jpg
八幡掘にて

お昼ごはんに「赤の他人丼」を堪能したのち、円山水郷巡りへ
乗船1.jpg
水郷巡りの様子

3艘の手漕ぎ遊覧船に分乗しヨシ原へと漕ぎ出します。
手漕ぎ船ならではの、静かな時を堪能しつつ、ヨシ原の生態系の保全や水質浄化に果たす役割や、「よしず」や「屋根ふき用材」活用をする地域の生産行動がヨシ原を維持してきた仕組みなどについて学びました。
下船後、ヨシ生産に携わってきた円山の街並みを散策し、講座を修了しました。
ヨシ御殿.jpg
ヨシ御殿?

ご参加いただいたみなさま、ご満足いただけましたか?
ありがとうございました。

byやまんじ

posted by team森也。 at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月04日

葦一筆箋

このコーナーとっても久しぶりです。

「木製品」かと言われると若干?ですが、原材料に葦を混ぜた一筆箋です。


先日、近江八幡に行ってきました。
この辺りは、昔から琵琶湖畔に群生する「葦」を使った製品の生産で有名です。
ただ、近年は「屋根ふき用材」や「よしず」への利用は、とっても少なくなっているようです。
したがって、ヨシの利用も減少し、ヨシ原も少なくなっているようです。

しかし近年、琵琶湖の水質浄化や淡水域の生物多様性の保全の面からヨシ原は注目されています。
こうしたヨシ原への期待に応えるために、様々なヨシ製品が考案されています。
そんな中で、今回はヨシを混入した紙で作った「一筆箋」を購入してきました。
選択の基準は、お手頃価格・・(^^;
葦紙一筆箋.jpg
色合いや質感も面白くとっても気に入っています。

その他にも、便箋、名刺・・様々な葦紙製品がありますよ〜。
葦笛もありました!

ではでは

やまんじ隊長

2016年11月23日

佐鳴湖の鳥たち

みなさま、こんにちは。

今日、ウォーキング企画の取材で浜松市の佐鳴湖に行って来ました。
sanaruko.jpg
冬鳥のシーズンになり始めた佐鳴湖。
色々な鳥たちに出会うことができました。

全体の印象!!
人慣れしています!

例えば、オオバン。
遊歩道沿いの草地にやってきて、ウォーキングやランニングの人たちをものともせず、お食事に専心していました。
ohban.jpg

極めつけは、このアオサギ。
aosagi1.jpg

近づいたら逃げる。
と思って、慎重に、少しずつ近づいて写真を撮ろうと思ったのですが、近づいても飛ぶことなく、ゆっくりと歩いて移動していきます。
aosagi2.jpg

写真を撮ろうとしている「やまんじ」と、くだんの「アオサギ君」の間を、気が付かづに通り抜けようとしたウォーキング中の男性が、「うぉっ!」と驚いたのは、やまんじの存在ではなく、すぐわきに「アオサギ君」がいたことでした。
それでも、この「アオサギ君」ヒョコヒョコと歩いて移動。
「飛ぶのは面倒くさいですか?」と、問いかけたくなるほどでした。

そんな、身近な鳥たちの存在を、地元の人たちにとっては、当たり前のように見えます。
この「当たり前」感、どう捉えましょうかねぇ。

by やまんじ
posted by team森也。 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月11日

武儀東小学校で野鳥観察

みなさま、こんにちは。

武儀東小学校の3年生の授業のお手伝いに行ってきました。
授業の内容は「野鳥観察」

まずは教室で、双眼鏡の使い方などをレクチャーした後、いざ現場へ!

直前まで雨が降っており、授業そのものの延期も懸念されたのですが、現場に出たときは晴れ!
雨上がりのせいか、鳥たちも元気なようです。

ヒヨドリやモズ、ハシボソガラス、キジバト身近な鳥が中心ですが、双眼鏡や望遠鏡を使ってのぞくと「わ〜っ、すごい!」と歓声が上がります。
20161111武儀東小学校.jpg
野鳥を観察するの図

空飛ぶトビを追っかけていると、裏山の稜線からオオタカが飛び出してきてトビにケンカを売る姿なども観察でき、子供たちも飽きずに楽しく授業を終えることができました。

みなさん、お疲れさまでした。
ご協力(?)いただいた野鳥の皆さん、ありがとうございました。

by やまんじ
posted by team森也。 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

創企舎ソフィ企画「四季を楽しむウォーキング」

みなさま、こんにちは。

去る11月10日(木)創企舎ソフィさんの企画「四季を楽しむウォーキング」の受講生の皆さんをエスコートして、美濃市に秋を楽しみに行ってきました。

午前中は、大矢田神社のモミジをめでに訪れました。
一週前の下見の時には、ほとんど紅葉していなくて、本番はどうなるかと心配していたのですが、この1週間、比較的寒い日が続いたおかげで、かなり紅葉が進み、それなりに満足していただける状態になっていました。
20161110大矢田.jpg

境内でお弁当をいただいた後、バスに乗って「美濃橋」へ

この「美濃橋」大正5年架橋のつり橋で、現存する近代つり橋としては最古なのだそうです。
国指定の重要文化財と、ものの本には書かれています。
ところが、現地には「重文」の「ジュの字」も書かれていないんです。なんででしょうねぇ?
20161110美濃橋.jpg

「吊り橋怖〜い」という声も一部にありましたが、ほとんど揺れないしっかりした橋なので、チョッと拍子抜け(^^;。
橋を渡った後は、世界灌漑施設遺産「曽代用水」や「川湊灯台」「岩陰遺跡」「湊町の街並み」などを観ながら、道の駅「美濃にわか茶屋」へ。
道の駅でのショッピングを楽しんでいただいたのち、名古屋へと帰りました。

ご参加いただいたみなさま、お楽しみいただけましたか?
お疲れ様&ありがとうございました。

by やまんじ
posted by team森也。 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

またまた百々ヶ峰!

みなさま、こんにちは。

今年は、百々ヶ峰と深いご縁があるようで、今回もまた登らせていただきました。

今回は、長柄西体育振興会の皆さんをエスコートしての登山です。
20161106百々ヶ峰.jpg

参加していただいた子どもたちを中心に自然の面白さ楽しさをお伝えできるよう頑張ってみました。

みなさん、面白かった?

by やまんじ
posted by team森也。 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月28日

日展・特選!

わが法人の理事も務めていただいている漆芸家・浅井啓介氏が今年の日展で特選を受賞したようです(2回目の特選受賞です)。
やったぁ! おめでとうございます!!
お祝いしなきゃ・・いずれね(^^;

asai!.jpg
浅井先生喜ぶ(?)の図
posted by team森也。 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月27日

行ってきました。須賀利!

みなさんこんにちは。

10月26日(木)創企舎ソフィ新企画「懐かしい里山の風景を訪ねて」の第2弾!の参加者の皆様をエスコートして、で、尾鷲市の須賀利に行ってきました。

紀勢道の延伸でとっても近くなった感のある尾鷲。
その尾鷲の中でも、北端の半島にある須賀利集落。かつては、道路事情が良くなく、尾鷲からは巡行船が主な交通手段だったという街です。
映画「千年の愉楽」のロケ地になったことでも有名です。

sugari8.jpg

ばっちりの快晴の下、到着は、ほぼお昼。早速お昼ごはんタイムです。
地元観光協会の方にご案内いただき高台の民家へ。

konnabasyo.jpg
昼食会場

konnnakesiki.jpg
昼食会場からの眺め

この民家、NHKのドラマ「喧騒の街、静かな海」で主人公役のディーンフジオカと寺尾聡の実家としてロケに使われたそうです。
須賀利の集落と海の眺めが抜群です。

昼食は、地元の活動団体「おんばんの会」のおばさまたちが用意してくださったものです。

gohan.jpg
これに、お刺身とカニ汁、ご飯が付きました。

特に「いがみ(ブダイ)」の煮魚はとってもおいしかったです。

また、おんばんの会の代表、世古さんのお話や歌も聞くことができ、とても楽しい昼食でした。

sekosann.jpg
おんばんの会代表の世古さん

昼食後は、須賀利の集落内や海辺をのんびり歩きました。

aruku.jpg

山と海、そして人の暮らしが織りなす素敵な風景を満喫する旅でした。

ご参加いただいたみなさま、須賀利のみなさま、ありがとうございました!

by やまんじ

posted by team森也。 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記