2016年08月02日

けっこうにぎやかな我が家

みなさん、こんにちは。
近ごろ、我が家では、コオロギが鳴き競っています。でも、あまり美しい鳴き声では・・(^^;
その名も「フタホシコオロギ(南西諸島から東南アジアに分布)」見にくい写真で恐縮です。
何で、そんなヤツを飼っているかって?
カメレたまちゃんのご飯なんです。
カメレたまちゃんは、まったく静かなんですけどねぇ。
20160729_064334-1.jpg
posted by team森也。 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月27日

ホタルが観られます

みなさん、こんにちは。
今日、下呂市萩原町にある日帰り温泉施設「しみずの湯」に行ったついでに、周辺を回ってみました。
ねらいは「ゲンジボタル」
群舞というほどではありませんが、けっこう観られました!(写真はいまいちですが(^^;))
hotaru2.jpg
しみずの湯裏の全国植樹祭式典会場跡を流れる「深谷」が一番観やすいように思います。
まずは、情報提供でした。
by やまんじ
posted by team森也。 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月19日

行ってきました「五の池小屋応援(?)登山」

みなさま、こんにちは。

先の行事案内でもご報告した「御嶽五の池小屋応援登山」に行ってきました。

梅雨の最中にもかかわらず、登山日は晴れ!
登山道には、コイワカガミやキバナシャクナゲなどがいっぱい咲いていました。

1コイワカガミ.jpg
コイワカガミ

2キバナシャクナゲ.jpg
キバナシャクナゲ

まずは、五の池小屋に昼ちょっと過ぎに到着。
昼食&生・・・をお腹に収めて散策へ。

今回は、まだあまりメジャーではない継子岳と四の池周辺を散策しました。

3mamakokara.jpg
継子岳から見た剣が峰

四の池は、しっかりと池状にはなっておらず。雪解け時期や降雨後に長野県側へと水が流れ落ちており、その落ち口は、時に滝となって流れていきます。

4maborosifoal.jpg
「幻の大滝」
高いところがけっこう怖いので、そ〜っとのぞいて撮りました。

四の池周辺は、ステキなお花畑が広がっています。今回もハクサンイチゲやコマクサのつぼみなどを観察することができました。

5ハクサンイチゲ.jpg
ハクサンイチゲ

夕方、五の池小屋に戻り早速夕食です。
夕食後は、五の池小屋自慢の「薪オーブンピザ」をつまみながらワインをかたむけ、御嶽の自然談義に花を咲かせました。

さて、翌日。

雲に覆われた空の一角からご来光を見ることができました(ということは、ちゃんと起きたっていうことです(^^;))。

6goraikou.jpg
ご来光

木曽山脈(中央アルプス)、赤石山脈(南アルプス)もくっきりと見え、遠くうっすらと富士山も見ることができました。

当日、午後から雨の予報だったので、朝食後早々に下山となりました。

下りも、ゆったりと歩き、登りに気づかなかった花々や鳥の声を堪能しながらの楽しい下山でした。

今回の山行、「五の池小屋応援登山」と銘打ちながら、すっかり小屋のみなさんにお世話になってしまい、こちらが元気をもらって帰ってくることになってしまいました。

7koyanomae.jpg
市川さん(写真左端)をはじめ、小屋のスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

五の池小屋、とってもステキですよ。
みなさんも是非どうぞ!!

by やまんじ
posted by team森也。 at 15:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月14日

結構直前情報「五の池小屋応援登山」

みなさま、こんにちは。

結構直前の情報提供です(やまんじらし〜(^^;))。
_MG_8806.jpg
来る6月18日(土)
「御嶽五の池小屋を応援するぞ〜!」てな趣旨で、御嶽山に登ります。

一昨年の御嶽噴火。
未だ、剣が峰付近の立ち入り規制や行方不明の方もいる中、「御岳に登ろう!」という雰囲気はつくりにくい日々が続いているように思います。

でも、そんな悲しみを静かに包みながら「御嶽の自然」は、その営みを続けています。
そんなすばらしい「御嶽の自然」に出会う最前線とも言える「五の池小屋」。
自然に対する畏敬やその素晴らしさを伝えようと日々取り組んでいただいています。
でも、その利用実績は、噴火以来かなり落ち込んでいます。
私たちを「すばらしい自然」にいざなってくれる拠点「五の池小屋」を少しでも応援できれば、と、今回の企画を立ち上げてみました。

やまんじの企画ですから、拙速・不備は許容いただいて、是非、一緒に「御嶽」に登ることができれば、とってもうれしいです。

ご興味をお持ちいただいた方、ぜひご一報下さいませ。

開催日2016年6月18日(土)〜6月19日(日)・18日日帰りも可
集合時間&場所
AM8:00・濁河温泉御嶽登山口付近
内容 
 集合後、御嶽飛騨側ルート周辺の自然を楽しみながら、ゆっくりと飛騨頂上へ。
 五の池小屋到着後、日帰り組は下山(17:00頃・濁河登山口解散予定)。
 宿泊組は、五の池周辺の自然観察・夜、星空観察&交流会
 19日(日)ご来光(晴れたら)観望、継子岳、四の池周辺自然観察 下山 15:00頃濁河登山口解散予定)

参加費:特にありません(宿泊される方は1泊3食の料金が必要です)。
    宿泊予約は、基本的には参加者個々で行ってください。

ご不明な点等は、お気軽にご遠慮なく「森なり」にお問い合わせ下さいませ。

本企画担当は、やまんじ(伊藤栄一)です。

よろしく!!!

by やまんじ
posted by team森也。 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事予定

ふるさとに行ってきました

みなさま、こんにちは。

先日、私のふるさと「名古屋の矢田」に行ってきました。

下呂市が準備をしているプロジェクトの関係で、名城大学ナゴヤドーム前キャンパスの社会連携ゾーンShakeで、「森と流域を知るためのプレ企画」のレクチャーを担当させていただきました。
このキャンパスのすぐ北にある矢田小学校は我が母校です。
子どもの頃のまちの面影とうつりゆくまちの風景を堪能させていただきながら、名城大学の学生のみなさんに「森のお話」をさせていただきました。
DSCF7495.jpg
話の内容が、学生諸君にどう響いたかはさておき(^^;)、やまんじは勝手にステキな時間を過ごさせていただくことができました。

機会をつくっていただいたみなさま、ありがとうございました!!

なお、プロジェクトの詳細は、もう少し先にお知らせさせていただきますね!!!

まずは

by やまんじ
posted by team森也。 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月06日

あいち生協・やまんじ隊長シリーズin面ノ木

みなさま、こんんちは。

去る6月5日、あいち生協のやまんじ隊長シリーズでバードウォッチングを開催いたしました。
場所は、愛知県豊田市の面ノ木園地です。
面ノ木には「ブナの原生林」などがあり、BWにはとても良いポイントです。

今回のバードウォッチング、無謀にも(BWでは、当たり前だと思いますが・・)集合時間が朝4時!
あいち生協のスタッフのみなさんにも「大丈夫かぁ?」と、ご心配をいただいたようです。
さらに、当日の天気予報は雨!!!

チョット心配でしたが、3組のお客様が参加していただけました。

天候は、しっかり雨でしたが、この時期、よっぽどの荒天でない限り「鳴く」衝動を抑えられない雄の鳥たちが、しっかり鳴いてました。

また、目立ちたがりなのか、オオルリの雄が近くまで飛んできてくれて(目立ちたがりと言うよりは、オレの縄張りに、うさんくさいヤツがいるぞ。てな感じアピールしにきたのかも・・)さえずるのを観察できましたし、ご参加いただいたみなさまにもそれなりにご満足いただけたのではないでしょうか。
囀るオオルリ.jpg
この写真は当日のものではありません(^^;)が、当日も、この程度以上には観ることができました!

「早速、双眼鏡を買うぞ!」てな声も聞かれ、「やった」とやまんじも密かにほくそ笑んだのでありました(双眼鏡を高く売りつけてやろう。なんて考えてませんからね・・・)。

ご参加いただいたみなさま、あいち生協のみなさま、そして面ノ木の野鳥のみなさん。
大変お世話になりました! ありがとうございました!!

by やまんじ
posted by team森也。 at 09:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月14日

創企舎ソフィ企画「季節を楽しむウォーキング」・福岡ローマン渓谷

みなさま、こんにちは。

去る5月12日、恒例の創企舎ソフィ企画「季節を楽しむウォーキング」のみなさんをエスコートして、中津川市福岡町のローマン渓谷に行ってきました。

チーム・ソフィウォーカーズの面々の日頃の行いがよいので(?)、今回も晴れ!
今回の企画は、北恵那鉄道の廃線跡を利用した遊歩道「福岡ローマン渓谷」を歩くです。

まずは、日本三大庚申の一つ「下野庚申堂」に詣でました。
境内のヒトツバタゴも満開で、手にとって見られる場所にも花があり堪能できました。
下野庚申堂.jpg

庚申堂を起点に、付知川縁まで歩を進め、川沿いの鉄道跡を歩いていきます。
ルート沿いにもヒトツバタゴがたくさんあり、まぶしい陽光の中真っ白に輝いています。
写真には鉄道鉄橋も写っていますが、ルート上には枕木や犬釘も所々残っており、かつて鉄道だったことを偲ばせてくれます。
鉄橋.jpg

鉄道跡のウォーキングルートは、鉄道の性質上勾配も緩く、のんびりと歩くことができます。

付知川沿いの新緑を楽しみながら、晩春から初夏へと移りゆく景色をゆったりと楽しみました。
福岡大橋.jpg
福岡大橋

お昼は、道の駅加子母・ゆうらく館のお弁当を出前していただき、日陰を選んで(^^;)いただきました。

このルート、「初めて歩いた!」という方がほとんどで、メンバーのみなさまに新鮮な気分で楽しんでいただけたのではないでしょうか(知られていないということを喜んでいいのか?といささか悩みながら・・・)。

この企画、次回は、美濃市の長良川沿い「郡上街道・白山参詣を偲ぶ−立花六角堂、須原神社を巡る−」
みなさんも参加してみませんか?

ご参加いただいたみなさま、お疲れ様でした&ありがとうございました。

by やまんじ
posted by team森也。 at 12:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月02日

藤の咲く森

みなさま、こんにちは。

連休いかがお過ごしですか?
今日は、お仕事の方もおられることでしょうが・・。

さて、我が下呂でも、フジの花が咲き始めました。
近年、山に咲くフジたちが目につくようになりましたね。
年中ほぼ同じ姿(実は子細に見れば季節ごとに変化しているのですが・・)の人工林も、この季節フジに彩られているところが多々見られますね。
20160502_055224.jpg
季節感、見た目からいえば、好ましいようにも思えるのですが、これって、様々な問題の表徴ですよね。

特に、人工林は、木材を育てるという本来まず大切にしてきた視点からすれば、ツルが幹に絡まるということは、阻害要因以外の何者でもありません。まあ、ツルが絡まることによってぼこぼこになった幹をデザインとして珍重するのであれば別ですが・・。
つまり、人工林管理のエネルギーが低下した結果が「フジの花盛り」な人工林でしょう。

また、天然生2次林(思い切って「雑木林」と表現しちゃいましょうか・・)でも、かつては、ツルを採取して生活道具として使っていたのでしょうから、ここまで野山にフジがはびこる(チョット負な表現ですが)ことはなかったのではないでしょうか?

もろもろ考えると、お気楽に「フジの花きれいだなぁ」なんて言ってて良いかなぁ?なんて思うわけです。

えいやっと思考をかえて、「癒しの景観づくり」と称して、フジをはじめとした花や紅葉が楽しめるツル植物を身近な森に置いておくのも、現代的な意味での「里山づくり」と位置づけることもできるとは思いますが・・。

フジの花を愛でながら、花に集まるクマバチの「ブ〜ン」という羽音に眠りを誘われながら、思い悩む春の一日です。

by やまんじ
posted by team森也。 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月01日

連休のお花見

みなさま、こんにちは。

今日は、事務所でお片づけ。
写真は、窓からの風景です。
20160501_111138-1.jpg

ヤエザクラは真っ盛り、シダレザクラもまだ咲いています。
事務所前の藤も咲き始めました。
20160501_104127.jpg

この連休、お花見ができますよ〜。

by やまんじ


posted by team森也。 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月29日

あいち生協・やまんじ隊長シリーズ

みなさん、こんにちは。

去る4月24日。
恒例の「あいち生協・やまんじ隊長シリーズ」を実施しました。
今回は、春日井市少年自然の家周辺で「春の野遊び・山遊び」。

春の野山で出会う生きものたちと、どうやって楽しむか?を「伝授」する講座です。

実は、「伝授」なんて大げさなものではなく、子どもたちが発見する諸々をこんなふうにしたらチョット楽しいぞ、てなヒントをささやく程度ですが・・・。

案の定、子ども達は好き勝手に自分の遊び道具を探してくれます。

kinobori.jpg
写真は、どうやったらヤマモモの木のより高いところに登れるかを、それぞれ工夫してチャレンジしているところです。
なかには、フリークライマーとして是非スカウトしたくなるような女の子もいましたよ!

この日は天気にも恵まれ(これがとっても大事で、天気さえ良ければイベントは9割成功?(^^;))、楽しい時間を過ごしていただけたのではないでしょうか?
tenbou.jpg
ご参加いただいたみなさま、あいち生協のみなさま、お疲れ様&ありがとうございました。

by やまんじ
posted by team森也。 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記